エグゼクティブコーチングを体験して感じたこと

エグゼクティブコーチングを採用するメリット

会社の雰囲気が変わったエグゼクティブコーチング / 同じ視点に立ってのアドバイス / エグゼクティブコーチングを採用するメリット

本音を言うと、経営に携わるくらいの立場の人には相談相手がまともにいません。
入社したばかりの新人の頃は、誰にでも遠慮なく相談できていましたが、昇進などをしていく中で頼っても構わない相手がどんどんと減っていってしまったのです。
孤立と表現すると語弊はありますが、プレッシャーも相まって悩むことは増えるばかりでした。
ただコーチの方がいるとそこも楽になり、安定して相談相手がいる現実、この有難さを改めて痛感しました。
良い仕事や判断をするためには、そのときの健康状態や精神状態が多大に影響します。
職種によっては一瞬の判断で会社の利益が変わることもあるでしょうから、こういった状態の安定化を目指す上でもエグゼクティブコーチングの存在意義は大きいのではないでしょうか。
コーチの方と出会ってから、取引先にいる苦手な人とのコミュニケーションもやりやすくなりました。
新しい考え方に、触れられたおかげです。
基本的にはコーチをする人も同じような立場を経験してきた人ばかりなので、自分を見つめ直すきっかけにするにも最高かもしれません。
最初は疑心暗鬼になっていたことが、今では申し訳ないです。
以上のことから、エグゼクティブコーチングを採用するメリットは数え切れないほどにあると思います。
期間はもう少しで終わってしまうため、今の間にもっと多くのことを吸収しておきたいです。
勉強すべきこと、考えるべきことはまだこんなにもあるのかと、圧倒される代わりに楽しさも見出せています。
コーチの方と出会えて良かったと、心から感謝をしています。